読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにか作る

なにかを作るブログです。

Eclipse で Java EE 開発してる人が Gradle の門を叩く

Gradle

Gradle っていうのが流行っているらしい。っていう噂は前々から聞いていた。その度に何度か触れてはみたものの、何度触れても仲良くなることはできなかった。なんかよくわからない。

でも、懲りずに最近また触り始めてみたところ、今度は少しづつ仲良くなれてきたような気がする。

邪魔になっていた思い込み

今まで仲良くなるのに失敗してきたのは、以下の思い込みがあったからのような気がする。

間違ってはないんだけど、一度その前提知識は捨てたほうがいい。

入門者の心構えとしては

  • タスクを定義するな。Gradle ではタスクは既に定義されているのでそれを使え。ビルドスクリプトには、そのタスクが使えるようにプロジェクトの設定を記述せよ。
  • "eclipse" プラグインは使用する必要なし。このプラグインはプロジェクトを Eclipse にインポートできるようにするプラグイン。元から Eclipse で開発をしているのなら使う必要なし。
  • とりあえずビルドできるようになることをまず目指す。

最低限覚えておく

サンプルスクリプト

EclipseJava EE プロジェクト作ってるなら大体これだけ書けばgradle buildできるはず。

apply plugin: 'war'

def javaVersion = 1.8
def defaultEncoding = 'UTF-8'

sourceCompatibility = javaVersion
targetCompatibility = javaVersion

tasks.withType(AbstractCompile) each { it.options.encoding = defaultEncoding }

repositories {
    mavenCentral()
}

// ソースフォルダの場所を指定
sourceSets {
    main {
        java {
            srcDir 'src'
        }
    }
}

// Web 公開用のディレクトリを指定
webAppDirName = 'WebContent'

dependencies {
    providedCompile 'javax:javaee-api:7.0'
}